トラックの中でも一般的な平ボディ

トラックについている荷台の中で、屋根の付いていない開放された状態になっている車種を平ボディといいます。側面はアオリと呼ばれるもので覆われた形状となっています。トラックは街中でたくさん走行していますが、その中でも最も一般的な車種と言っていいでしょう。屋根がついていないので、多くの荷物や大きな荷物を積み込むことも可能です。積み方に工夫する必要があるものの、荷台の長さや幅以上のものを積載することも可能です。荷物の大きさや積み下ろし方法に特別制約の伴わない所がこのタイプのトラックの大きなメリットといえます。

積荷になりうるものとして、建材や植木、家電製品といった感じでいろいろな荷物が考えられます。トラックの中でも最初に作られた車種と言われていて、歴史も最も古いです。サイズも様々で、軽トラックから4トン車くらいまでのサイズで幅広くラインナップされています。通常このタイプのトラックの場合、ダンプ機能は搭載されていません。このため積み下ろしの作業は人力によるものとなります。荷物が重たく人の手では無理という場合には、フォークリフトやクレーンを使って積み下ろしていきます。一部車種によっては、テールゲートリフター装置の取り付けられているものも見られます。リンクやアーム、エレベーターが設置されていて、この機能を使って荷物の上げ下げをする形です。

屋根や幌が一切ついていないため、雨風の中を運送するときには注意が必要です。専用のシートもあってそれである程度はしのぐことも可能です。しかし完璧に雨風をしのぎ切るのは難しいでしょう。また荷台の中に何が入っているのか、外部から丸見えです。このため、盗難のリスクもほかのトラックの車種と比較すると高めなのでセキュリティ対策も重要です。このようなデメリットがありますから、水に濡れると故障する可能性の高い精密機械や高額商品の運搬にはあまり向いていません。中古トラック市場でも需要の高いトラックで、さまざまなメーカーの車種が売られていますから興味のある人は一度チェックしましょう。